このサイトのメインメニュー

宿泊のご予約 Reservation

インターネットでのご予約 Reservation by the Internet

インターネットからご予約いただけます。
当ホテル直結ネット予約ならではの割引料金をご用意いたしました。
限定数になっておりますので、ご予約はお早めに。
ご利用規則/キャンセルポリシーを必ずご確認の上お申し込みをお願い致します。

日付を選んで予約する 別ウィンドウでご予約画面が開きます

宿泊プランを選んで予約する 別ウィンドウでご予約画面が開きます

予約の確認・取り消し 別ウィンドウでご予約画面が開きます

お電話でのご予約 Reservation by Telephone

お電話でのご予約も承っております。
ご希望の日程、ご希望の部屋タイプをお選びいただき、下記までお電話にてご予約ください。

TEL 045-212-2333

このページのTOPへ

インターネット予約ご利用案内 Guide of Reservation

横浜平和プラザホテルは当施設の運営するオンライン予約に関し、次の利用規則を設けさせていただいております。
オンライン上にてご予約頂いたお客様には次のお約束にご同意いただけたものとし、ご予約を承らせていただきます。

横浜平和プラザホテル オンライン予約利用規則

第1条(基本的事項の遵守)
  1. 当システム御利用に際し、お客様には、インターネット利用の一般的なマナーやモラル、及び技術的ルールを遵守していただきます。
  2. 有料の手配代行など、事由の如何を問わず、営利を目的として当システムを利用することを、固くお断りいたします。
  3. ご宿泊者名が確定されているご予約に限り受付致します。ご宿泊者名が未確定のご予約は、受付確認後、当ホテル側でお取消しさせていただく場合がございます。その後取消しメールを送信いたします。
  4. 第三者に迷惑・不利益を与える等の行為、弊社サービスに支障をきたすおそれのある行為等、当ホテルが不適当と判断する行為を行うお客様にいは、当システム及び当ホテルのご利用をお断りする場合があります。
  5. 当システムは、文字や電子メール、プリンターなどの諸設定が適切になされている方を対象と致しております。この条件に当てはまらない方の動作結果やそれがもたらす諸影響に関して、当ホテルは一切の責任を負いません。
    また、上記条件を満たしていても、お客様側のコンピュータの環境設定に関するすべての事情等、当ホテルの管理の及ばない原因によって、本システムが正しく作動しない場合につきましても、それがもたらす影響に関して、当ホテルは一切の責任を負いません。
第2条(オンライン予約の特性・ご予約方法)
  1. 当システムをご利用できるのは、本規則にご同意いただいたお客様のみです。また、当システムを利用してご予約をした時点で、本規則にご同意いただいたとみなし、本規則を遵守していただきます。
  2. ご予約の際は、「ご予約の方法」に従い、個人データを正確に入力していただくようお願い申し上げます。入力に不備があった場合、当予約センターから「ご予約確認番号」が送信できず、無効となる場合がございます。
  3. ご予約の成立はお客様の「ご予約確認番号」の送信をもって成立となります。成立後のご確認や変更・取消しに関しましては、全てお客様の責任においてインターネット上にて行うものとします。
  4. オンライン予約は通常の予約受付方法(電話予約・来館予約)を優先するものではありません。従いまして、客室の残室状況によってはお客様のご予約ができないことがございます。
第3条(プライバシーポリシー)

個人情報のお取り扱いのページをご覧ください。

第4条(違約金・キャンセル規定)

キャンセル料について
当ホテル宿泊約款において下記の通り取消料を頂きますのでご了承下さい。

  • 10名様以下/3室以下の場合
    • 宿泊日の2日前・・・宿泊料の20%
    • 宿泊日の前日・・・宿泊料の50%
    • 宿泊日の当日・不泊・無連絡・・・宿泊料全額
  • 11名様以上/4室以上の場合
    • 宿泊日の20日前・・・宿泊料の20%
    • 宿泊日の9 日前・・・宿泊料の50%
    • 宿泊日の4日前・・・宿泊料の80%
    • 宿泊日の当日・不泊・無連絡・・・宿泊料全額
第5条(利用者の自己責任)
  1. お客様が当システムをご利用するにあたり、自ら行った行為及びご自身のメールアカウントによりなされている一切の行為及びその結果について、お客様ご自身の行為の有無、過失の有無を問わず、お客様はその責任を追うものとします。また、当システムのご利用にあたり、当ホテルの過失に依る場合を除き、お客様が第三者に損害を与えた場合、お客様は自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。
  2. お客様が次のいずれかの行為により、当施設に損害を与えた場合、当宿泊施設は利用者に対し、損害賠償を請求できるものとします。
    • 利用規則及び当施設が定める宿泊約款に違反した場合
    • 日本国内で有効な法令に反する行為を行った場合
    • 第三者の情報を送信、書き込みを行った場合

このページのTOPへ